胸の大きさは遺伝する?バストアップに大切なのはアルものを活性化!

DNA

お母さんの胸が小さいけど自分の胸が大きくなるのか心配といった
方も多いかと思いますが今回は遺伝と胸の関係を勉強していきたいと思います!

バストの大きさは遺伝するの?

女性男性問わず色々な人達が疑問に思っていると思うのですが
そもそもバストサイズは遺伝するのでしょうか?

バストサイズと遺伝の関係があると思い込んで、バストアップを
諦めてしまう人もたくさんいると思いますが

実は遺伝で胸の大きさは決まらないのです。

もし仮にバストサイズが遺伝で決まるなら、
母親がAカップで子供がFカップというような矛盾はおきませんし

実際に母親がAカップで、姉がDカップ、
妹がFカップといった親子は多数存在するのです!

また、他にも昔は日本人女性のほとんどがAカップでした。
しかし現在の日本人はCカップ前後の人が多いのです。

この事からわかる通り遺伝で胸の大きさは決まらないのです。

バストの大きさは乳腺が重要

バストは脂肪9割:乳腺1割で構成されています。
胸の大きさを決めるのは乳腺の部分ですので
乳腺を大きくすれば脂肪の量も増えるのです!

脂肪の量が増えれば、胸も大きくなるこのような仕組みになっていますので
遺伝だと諦めてしまうのは大きな間違いなんです。

乳腺を大きくするには

乳腺を大きくするためには女性ホルモンの分泌を活性化する事が大切です。
そしてその女性ホルモンを活性化させるためには

内的要因

女性ホルモンの分泌を活性化させる働きのある栄養素を意識して摂取する事が大切で
女性ホルモンが分泌される「卵巣」を活性化させるためには、たんぱく質が欠かせません。

肉や魚、大豆製品、乳製品などのたんぱく質を積極的に取り
卵巣を元気にして女性ホルモンの分泌を促すようにしましょう。

外的要因

体の外側から女性ホルモンを活性化させる方法なのですが
それはリンパトリートメント、ストレッチ、ツボの刺激です。
このように3つの方法を実践することであなたも理想のバストが手にはいります。

まとめ

いかがでしたか。老廃物が溜まったままだとホルモンの分泌は期待できないのです
内的にも外的にも女性ホルモンの分泌を促進させるのが重要になります!

また、こういった観点から今最も注目されているバストアップ法があるのを
ご存知でしょうか!今までは遺伝だから胸が小さいのは仕方ないといった方は
一度サイトにアクセスしてみてはいかがでしょうか!