おっぱいの構造!バストの形を維持しやすいタイプとは?

sayuutigau

おっぱいとは

胸の約9割が脂肪で出来ています!そして動物的には
母乳を上げるという事になるのです。

初潮が始まると女性ホルモンのエストロゲンの分泌量が増え
乳腺が発達して授乳できる体へ成長していき胸 が大きくなっていくのですが

よく思春期頃から胸がふっくらと膨らみ始め
胸が張って痛くなったりするのはこの為なのですよね!

そしてこの乳腺を守るために女性のおっぱいは
皮下脂肪がつきやすく脂肪を蓄えやすい様になっているのです。

おっぱいの構造

おっぱいは乳腺と脂肪組織、線維の束で成り立つクーパー靭帯、そして
それらを大胸筋が支えています。

乳房に占める乳腺の割合には、個人差がありますが、乳腺が多く、
大胸筋との間に脂肪が少ない人が、バストの形を維持しやすいといえます。

また、乳腺を支えているクーパー靭帯が伸びきってしまうと
胸が垂れてきますが、このクーパー靭帯は一度伸びると
元に戻らないので注意してくださいね!

締め付けは注意

現代の女性は、呼吸が浅く胸の筋力が弱くなりつつあります。
そしてブラジャー等の下着で締めつけられるので
胸がリンパ液や血液の流れが滞りやすくなっており

老廃物や二酸化炭素の排出できなくなりますと
疲労物質が蓄積され、おっぱいが冷えて硬くなってしまうのです!

直接胸以外の肩こりや冷えで背中や腕の筋肉が固くなり、
弾力を失い縮んでしまうと、おっぱいにも影響が出てしまうのです!

また、リンパと血液の流れが悪くなる事でおっぱいの細胞組織は衰え、
乳腺炎や癌などを引き起こす可能性があるので、常日頃から
やわらかく温かいおっぱいでいられるように心がけて下さいね!

胸の大きさは遺伝する?バストアップに大切なのはアルものを活性化!

DNA

お母さんの胸が小さいけど自分の胸が大きくなるのか心配といった
方も多いかと思いますが今回は遺伝と胸の関係を勉強していきたいと思います!

バストの大きさは遺伝するの?

女性男性問わず色々な人達が疑問に思っていると思うのですが
そもそもバストサイズは遺伝するのでしょうか?

バストサイズと遺伝の関係があると思い込んで、バストアップを
諦めてしまう人もたくさんいると思いますが

実は遺伝で胸の大きさは決まらないのです。

もし仮にバストサイズが遺伝で決まるなら、
母親がAカップで子供がFカップというような矛盾はおきませんし

実際に母親がAカップで、姉がDカップ、
妹がFカップといった親子は多数存在するのです!

また、他にも昔は日本人女性のほとんどがAカップでした。
しかし現在の日本人はCカップ前後の人が多いのです。

この事からわかる通り遺伝で胸の大きさは決まらないのです。

バストの大きさは乳腺が重要

バストは脂肪9割:乳腺1割で構成されています。
胸の大きさを決めるのは乳腺の部分ですので
乳腺を大きくすれば脂肪の量も増えるのです!

脂肪の量が増えれば、胸も大きくなるこのような仕組みになっていますので
遺伝だと諦めてしまうのは大きな間違いなんです。

乳腺を大きくするには

乳腺を大きくするためには女性ホルモンの分泌を活性化する事が大切です。
そしてその女性ホルモンを活性化させるためには

内的要因

女性ホルモンの分泌を活性化させる働きのある栄養素を意識して摂取する事が大切で
女性ホルモンが分泌される「卵巣」を活性化させるためには、たんぱく質が欠かせません。

肉や魚、大豆製品、乳製品などのたんぱく質を積極的に取り
卵巣を元気にして女性ホルモンの分泌を促すようにしましょう。

外的要因

体の外側から女性ホルモンを活性化させる方法なのですが
それはリンパトリートメント、ストレッチ、ツボの刺激です。
このように3つの方法を実践することであなたも理想のバストが手にはいります。

まとめ

いかがでしたか。老廃物が溜まったままだとホルモンの分泌は期待できないのです
内的にも外的にも女性ホルモンの分泌を促進させるのが重要になります!

また、こういった観点から今最も注目されているバストアップ法があるのを
ご存知でしょうか!今までは遺伝だから胸が小さいのは仕方ないといった方は
一度サイトにアクセスしてみてはいかがでしょうか!

クーパー靭帯は切れると戻らない?予防の一歩は胸を揺らさない事!

cooper

バストは皮膚の下に脂肪があり、乳腺があり大胸筋がありといった具合に
大変複雑ですが、それら乳腺や、皮膚を垂れ下がらないよう、バストラインをキープ
する働きをしているのがクーパー靭帯(クーパーじんたい)なのです!

クーパー靭帯はバストアップにすごく重要

クーパー靭帯は、コラーゲンの繊維組織でできています。
そして胸の中には筋肉がありません。よって、このクーパー靭帯が胸を、
乳腺組織を筋肉とつなぎとめる役割をしています。

ツンっとした、上向きのきれいなバストを保には、
このクーパー靭帯を保護することが大切なのです。

クーパー靭帯を守れ

バストアップの大切な命づなとも言えるクーパー靭帯ですが
このクーパー靭帯はジョギングなどの揺れや、間違ったバスト
マッサージなどでも傷つけてしまう恐れがあるのです。

これを予防するためには、一般的なブラジャーではなく、
スポーツをする時にふさわしいスポーツブラジャーをつけて、
なるべく胸が揺れないようにする必要があるのです!

また一度切れてしまうと、元には戻らない大切な場所なので
十分気を付けてくださいね!

まとめ

いかがでしたか。バストアップにはかかせないクーパー靭帯ですが
授乳をしている時期にブラジャーをつけていないことで、重みが増し
胸を支えているクーパー靭帯に負荷がかかって切れてしまうことがあります!

ただし光豊胸などという特殊な施術で、コラーゲンの組織を強化したりして
修復する方法ですが、まずはクーパー靭帯が切れないように気を付けることが
大切ですし、クーパー靭帯を鍛えておくことも防止に繋がります。

そこで今話題のバストアップ法ですが、このような観点からもアプローチして
おりますので気になる方は一度サイトにアクセスしてみると良いかもしれませんね!