キャベツはバストアップに効果的?食べる量は一玉分に相当?

kyabetu

生キャベツを食べてバストアップしたなんて話を聞いた事が
あるという方もいらっしゃるかと思いますが

実はキャベツには、女性ホルモン(エストロゲン)の分泌を促す作用を持つ
「ボロン」という成分が含まれています。このエストロゲンはが
乳腺に働きかけてバストアップを実現させてくれているのです!

ボロンってなに?

ボロンは人間の身体に必要なミネラル成分の一つなのですが
元々は骨粗鬆症を予防するサプリメントに多く用いられており
丈夫な骨の形成に役立つといわれております。

また、ボロンは熱に非常に弱く、食べ物から摂取する際には、
炒めたり煮込んだりせず、生のまま食べることが必要です。

また空気中で酸化する性質があるので、
新鮮なものを食べるのがよしと言われています。

どれくらいキャベツを食べればいいの?

ボロンの食事参考摂取量は「一日400μg」と言われており
これは,キャベツ一玉分に相当するので、現実的ではないかもしれません。

また、何でもそうですが食べ過ぎは返って体に良くなく
キャベツも例外ではございません。

まとめ

いかがでしたか。キャベツで胸が大きくなると言われている理由は
ボロンが含まれているからであり、そのボロンをバストアップの為に
摂取するには1玉食べなければならないんです!

正直、キャベツをたくさん食べただけで胸を大きくするのは、
なかなか難しそうですよね!

女性ホルモン(エストロゲン)の分泌を促す食べ物を
積極的に摂るのは大変良いのですが

バストアップの為だからといって単一食品を過剰摂取はせずに、
栄養バランスの良い食事を摂るように、心がけましょう。

バストアップにはヨーグルト!美肌やアンチエイジングなどにも効果的!

nyuuseihin

ヨーグルトがバストアップできる食べ物として注目されているのですが
乳製品の中でもヨーグルトはホルモンの分泌を促し、バストアップに必要な
良質なたんぱく質を多く含んでおり、またカルシウムやビタミン、糖質などの
栄養素がバランスよく含まれておりますので、

バストアップだけではなく美肌やアンチエイジングなどにも効果的!
女性には是非積極的に摂取してもらいたい食べ物なのです!

そもそもヨーグルトって何?

ヨーグルトとは、牛乳などを乳酸菌で発酵させたもので
たんぱく質とカルシウムを豊富に含んでおり、
便秘解消や美肌効果などが高い食べ物です。

しかし現在いろいろなメーカーが様々な種類のヨーグルトを作っていますが
種類( 乳酸菌)によって効果が違ってきます!

毎日ヨーグルトを食べることはもちろん健康に良いのですが
違う種類のヨーグルトを日替わりで食べますと、菌の種類が
あまりにも違ものになる場合は、腹痛を起こす例もあるので気を付けて下さいね。

便秘とバストアップ

女性に多い便秘ですが、どうして体に毒なのかご存知でしょうか。
便秘になりましと大腸の中で便が停滞し腐敗すると同時に雑菌が増え
腸内環境が悪くなり、臭いも臭くなります。

そして、その便が溜り続けますと、水分や栄養素を再吸収されるのですが
その際なんと、腐敗して増えた毒素も体に吸収されてしまうのです!
また、再吸収された成分は血管を通じ全身に巡っていくのです!

その結果、手足の冷えや代謝低下となり、女性ホルモンの巡りも悪くなる為
バストアップに弊害がおよぶのです!

ヨーグルトがバストアップに良い理由

ヨーグルトには皆さんご存知の通り乳酸菌が多く含まれていますので
腸内環境を整えてくれるのです!その結果、便秘が解消し便秘によって
体に巡っていた毒素が消え、冷えの解消に代謝があがりますので
バストアップにかかせない女性ホルモンが血液やリンパにのって
バストに届くのです!

また、ヨーグルトに含まれる良性のタンパク質によっても
女性ホルモンの分泌量を増加させることができると同時に

ある程度の脂肪がつきやすくなるので、痩せている方で
脂肪がつきにくくバストアップに苦労している方もヨーグルトは効果的なのです!

ヨーグルトの過剰摂取に注意

どんな食べ物でも体に良いからと言って過剰に取ってしまうと
体の毒になってしまいます!ここで気をつけたいのですが

ヨーグルトなどの乳製品は脂肪分が豊富に含まれています。
脂肪分は適切な量を摂取する事が出来ればバストアップを始め
他にも大変うれしい効果を発揮してくれるのですが

取り過ぎてしまうと脂肪分は栄養とならずに
太ってしまう原因になるのです!

痩せているからと思っていても過剰摂取はよくありません
バランスよく摂取することが重要で、飲むヨーグルトの場合は
一日一杯が目安となり、飲み過ぎはダメです!

まとめ

いかがでしたか。適度な脂肪は胸を大きくするのに必要不可欠で
ヨーグルトでホルモン分泌量を増加させバストアップさせ
更に美しい美乳を目指していきましょう!

バストアップには甘酒!瘦せ型の体型の女性に良い理由はこれ!

amazake

甘酒は美容効果にアンチエイジング効果と最近注目されております。
醤油や味噌と同じ発酵食品で、酵素が多く含まれており
消化や吸収をサポートしてくれる効果があるといわれております。
とくに痩せ型体質の方のバストアップをサポートしてくれます。

甘酒の栄養素

甘酒にっ含まれている栄養素は
ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、葉酸、食物繊維、オリゴ糖、グルタミン
システイン、アルギニン等のアミノ酸やブドウ糖などが含まれており、

これらの栄養素は、栄養剤として使われている点滴の栄養素と同じという事で
『飲む点滴』と言われているほど健康や美容に効果があるのです!

美肌成分のコウジ酸が多く含まれ、またシミの原因となる
過剰なメラニン生成を抑え肌のくすみをも防いでくれる効果があるのです!

そもそもどうして痩せ型なの?

そもそも痩せ型体質はどうしてやせているのでしょうか。
実は痩せ型体質の方は、消化や吸収が上手くいっていないことが多く
たくさん食べても、消化できずに栄養素がそのまま素通りしてしまうのです!

甘酒が痩せ型のバストアップに良い理由

甘酒に含まれる酵素は消化や吸収を助け腸内環境を正常にしてくれるので
食事の栄養素を効率よく身体に取り込む事ができるようになり
痩せ型で体に脂肪がつきにくい方は効果大です。

そして女性ホルモンも元気になっていくので乳腺への栄養補給も円滑になり
胸への脂肪細胞がたくさん増えていくのです!

また、便の排出もスムーズかつ体内の老廃物や毒素がジャンジャン
排出されていき、活性酸素も除去!お肌の調子も良くなっていきます!

ビタミンB郡がホルモンバランスを整える

ビタミンB群は、女性ホルモンの代謝を促進し、脂質や糖質の代謝を
サポートして、ホルモンバランスを整えます!

またお米を発酵させて作られている甘酒は
低濃度のアルコール分が含まれており

このアルコール分が体内を温めてくれるので、
冷え性の改善、バストアップにも効果を発揮するのです!

まとめ

いかがでしたか。痩せ型でバストアップを考えている方は
ぜひ甘酒をチャレンジしてみてくださいね。

そして同じ様にマッサージやエクササイズに取り組むと、
少しずつ確実にバストアップ効果が得られるかと思います。

バストアップときな粉牛乳!女性にはぴったりの飲み物です!

kinako

お餅には、きな粉に砂糖をまぶしてなんて方も多いかと思いますが
実はきな粉にはイソフラボンという成分が豊富に含まれていて
バストアップに大変有効なのです!

きな粉など大豆製品に含まれるイソフラボンは、女性ホルモンのエストロゲンと
構造が似ているのですが、エストロゲンには女性らしい身体の丸みを作り
多く分泌されると、乳腺の発達を促しバストアップにつながるのです!

バストアップにおすすめはきな粉牛乳

植物性タンパク質のきな粉と動物性タンパク質の牛乳を組み合わせる事で
アミノ酸のバランスがよくなり吸収されやすく

きな粉などの大豆製品にはイソフラボンはもちろんですが
タンパク質、炭水化物や脂質に食物繊維などを含んでおり
疲労回復、便秘の解消に整腸作用、血圧の調整、
コレステロール値の低下などの効果があり

牛乳にはカルシウムやビタミン、ミネラルを豊富に含んでおり
精神安定、安眠効果や美肌作用など肌を整える効果があり
女性にはぴったりの飲み物なんですよね!

一日の摂取量

イソフラボンの量が多ければ多いほど、バストアップが期待できると言えますが
実はこの大豆イソフラボンの一日の摂取目安量の上限は70mg〜75mgなのです!

どの食品にも言えるのですが、食べ過ぎはかえって体に害を
及ぼす恐れがあります!大豆製品やきな粉を摂取する時には
過剰に取りすぎるとホルモンバランスを崩し病気の引き金に
なる可能性もあります!

また、カロリーにも注意が必要で、きな粉牛乳はご飯一膳分の
カロリーに相当しますので、飲みやすいからといって
何杯も飲んでしまわないよう一日1杯程度にしておきましょう!

まとめ

いかがでしたか。きな粉には女性ホルモンのエストロゲンに似た効果が
秘められているのですね!そして、きな粉を取り入れた食事に

冷え性の改善、ストレス解消、胸の筋力アップなど
生活習慣を正しくし適度な運動がバストアップに
効果が期待できますのでこの事も忘れないで下さいね!

バストアップに豆乳!飲むタイミングは体が吸収しやすい状態の朝起きてすぐ!

tonyuu

豆乳にはバストアップ効果があると一度は聞いた事があるかと思いますが
豆乳に含まれる大豆イソフラボンが、女性ホルモンのエストロゲンと
似た働きをする為なのです!

豆乳を飲むことでこのエストロゲンと似た大豆イソフラボンが
胸のハリや潤いを保ち、女性らしい身体の丸みを作り出すのです!

一日の摂取量

イソフラボンの量が多ければ多いほど、バストアップが期待できると言えますが
実はこの大豆イソフラボンの一日の摂取目安量の上限は70mg〜75mgなのです!

大豆イソフラボンは身体に良いのですが、過剰摂取になると胃腸の調子が悪くなったり
女性ホルモンのバランスが崩れ、乳がんなどの危険性が高くなります。

実際に豆乳に例えたらどれくらいまでなら飲んで良いかといいますと
200㎖の豆乳のパックですと2パック弱で75mgに達します。

ただし、大豆イソフラボンが含まれている食べ物は豆乳だけではありませんので
一日2パックですと飲み過ぎかもしれませんね!

豆腐、納豆、おから、みそ、厚揚げなどの和食中心の食生活をしていれば、
豆乳からでなくても大豆イソフラボンを摂取しているのです。

豆乳を飲むタイミングは?

豆乳を飲むベストなタイミングですが
体が吸収しやすい状態の朝起きてすぐと
満腹感があり、食べ過ぎ防止にもなる食前が
適しているといわれております。

豆乳は牛乳の代わり?

よく牛乳の代わりに豆乳を飲んでいる方もいるのですが
牛乳200mlには約220mgのカルシウムが含まれているのに対して、
豆乳には33mgから105mgとカルシウム量は牛乳の半分以下です。

一日に必要なカルシウムは600mgですので
牛乳から豆乳に切り替えると、カルシウム不足に陥りやすくなるので、
チーズなどの乳製品や魚などからカルシウムを積極的に摂取しましょう!

まとめ

いかがでしたか。豆乳には女性ホルモンのエストロゲンに似た効果が
秘められているのですね!ただし、豆乳を飲む量は1日1パック200mlを目安とし
過剰摂取はしない様にしてくださいね!

また、生活習慣を正しくし睡眠不足やストレスをためない事が
バストアップに大切な部分ですのでこの事も忘れないで下さいね!

牛乳代わりに豆乳を飲む場合は、カルシウム不足に注意する
身体に支障がでるような過剰摂取はNG!
「一日に食べている大豆製品を考えながら、不足している分を豆乳で補う」と言うように、バランス良く豆乳を取り入れるのが大切です。