離れ乳を改善するには?原因をつきとめ適切な治し方をGET!

sonota

年齢を問わず、常に女性を悩ませるバストですが
その中でも多いのは離れ胸。

平均的なサイズはあるのになぜか谷間ができない、
横広がりになるせいで太っているかのように見えてしまうなど

そこで今回はこの離れ乳を勉強していきたいと思います。

離れ胸の原因

生まれつき離れ胸という方も多いものですが様々な原因により、
左右の乳が離れていってしまうケースもあるのです!

加齢によるもの

離れ乳の代表的な原因ですが胸の上部(デコルテ)が削げ、
垂れてきて外側に流れるといった事がおこります。

このようなバストのエイジングは、早い人では20代に始まります。
バストエイジングを少しでも遅らせるためには、
食生活や睡眠時間を見直し、ホルモンバランスを整えることが重要になります。

大胸筋と小胸筋が衰えている

胸の真下にあり、乳房全体を支えている「大胸筋」と、
その下の胸を釣り上げ、左右の胸を中央に寄せる「小胸筋」があるのですが
この2つが衰えていれば、年齢に関係なくバストは下垂し離れていきます。
猫背やPCの長時間使用、車の運転などが原因にあげられます

クーパー靭帯が伸びてしまっている

上向きでハリのあるバストを支えているクーパー靭帯(じんたい)は
コラーゲン繊維の束で、衝撃が加わると伸びてしまう性質があります。

胸を揺らしてしまう運動や、強すぎるバストマッサージなどは、
クーパー靭帯の伸びや切れの一大要因。クーパー靭帯は一度伸びたら戻らないため、
バストは重力に逆らえず下垂し離れていってしまいます。

サイズの合わないブラジャー

サイズが合わないブラジャーも離れ乳の原因になります。
選ぶ際にはサイズ表示だけでなく、カップ数など
自分に合ったものを選ぶ事が大切です。

また、サイズが合っていても正しく付けないとバストを
サポートする効果が半減してしまいます。

まとめ

いかがでしたか。離れ乳には色々と原因があるんですよね!
また、授乳やダイエットにより胸の大きさの変動が大きい方も
離れ乳になる事があります!

このような場合には今話題のバストアップ法が大変有効ですので
一度サイトにアクセスして参考にしてみると良いかもしれませんね!