張りのある胸を作る方法!栄養バランスを考えた食事とエクササイズマッサージ!

cooper

張りのあるバストを作るためには、内側からの対策と
外側からの対策が必要になるのですが

エストロゲンという女性ホルモンの分泌はかかせません!
このホルモンによって肌のハリやうるおいを保つ手助けをしてくれているのです!

しかし女性ホルモンのエストロゲンは20代の女性であれば、
しっかりと分泌されていますが、年を重ねるごとに
卵巣の働きが低下しますので、エストロゲンの分泌も低下してしまいます!

30代後半にもなってくると、顔も肌のたるみ、シワなどが
どんどん増えやすくなるのはこういった理由なのです!

バストも同様に肌のはりを保てなくなるので、たるんでしまい
しわっぽくなってしまうのです!

内側からの対策

このような対策には、女性ホルモンの分泌をしっかり確保することが重要で
栄養バランスを考えて、きちんと食事を摂ることが大切です。

女性ホルモンの働きをよくする食品

大豆、豆製品、ゴマ、玄米、肉、魚、チーズなどタンパク質を摂ると
女性ホルモンの働きを促すこととなります。

また、ビタミンE、カボチャ、ホウレンソウ、ニンニク、ニラ、ナッツ類
緑茶の摂取は女性ホルモンのバランスを調整してくれ

緑黄色野菜、ニンジン、カボチャ、ホウレンソウ、トマトは
バストにハリを与えてくれる食品として有効です!

外側からの対策

まずはハリのあるバストを保つエクササイズですね。
バストを支えているのは大胸筋。この大胸筋を鍛えることで、
垂れない、張りのある胸を保つ事が出来るのと

1日1~2回のバストマッサージを実践することで、
張りのある胸を保つのには有効となります!

マッサージをする際の注意事項ですが、あまり力を入れすぎないように、
優しく行う事が大切で、またマッサージをする際には
マッサージクリームを使うと肌にハリも出るのです!