乳輪が大きい理由!意外な生活習慣が原因である場合も!

nyuurin

胸に関する悩みの中に形や大きさだけでなく乳輪の大きさに関しての
悩みも多数あるかと思いますが、今回は乳輪に関して勉強していきたいと思います。

乳輪が大きくなる理由

そもそも乳輪が大きくなる理由は遺伝的要素や
妊娠、出産、授乳等様々な理由が上げられます。

遺伝的要素

両親や祖父母などに乳輪の大きな人がいる場合は
乳輪が大きくても不思議ではありません。

また、バストが大きい方だけが乳輪が大きいわけではありませんが
胸が大きい方は乳輪も大きい傾向にあり、胸の膨らみとともに
乳輪も引っ張られ伸びてしまいます。

妊娠、出産、授乳的要素

女性は妊娠中はかなりの大きさに広がる事もあり心配になってしまう方も
多いのですが、大半の人は授乳を終えてだいたい1年位で元の大きさに戻ります。

ただし、妊娠前より大きくなったり、元に戻らないといた感じで
個人差はどうしても出てきてしまいます。

ホルモンバランスの乱れ

実はホルモンバランスの乱れによっても乳輪が大きくなってしまうケースも
あるのですが、ホルモンバランスを崩す原因に自律神経の乱れが上げられます。

乳輪の大きさを解決する方法

いろいろな原因はわかったとして、その乳輪の大きさを解決する方法ですが
具体的に対応できるのはホルモンバランスの乱れによる乳輪が大きくなってしまう
パターンのみです。

自律神経の乱れを直す事が重要になりますが、睡眠時間がすくなかったり
長時間労働やストレスのある生活をしている場合は自律神経が乱れていますので

お風呂にゆっくりはいったり、睡眠時間の確保やストレスからの回避、また
食生活の改善でホルモンバランスを整える様にして下さいね!

乳輪の色

乳輪の大きさと同じように乳輪の色も気になりますよね!
妊娠、授乳期の際には黒っぽく変化しますが、これは赤ちゃんが
おっぱいを見つけやすいように乳首や乳輪の色が濃くなるのです!

また、メラニン色素の沈着によっても乳輪の色が違ってきます。
肌の弱い方は、下着の摩擦によっても色素沈着してしまう事もあるのです。

まとめ

いかがでしたか。乳輪を小さくするのには原因によっては難しいのです。
また、自律神経の乱れはバストアップにも影響がでてしまいますので
気を付けたいところですよね!

授乳後のバストケアに興味があるようでしたら
一度サイトにアクセスしてみるといいかもしれませんね!