おっぱいの種類!理想のバストに近づける為にはまず胸の形から!

oppai-syurui

理想のバストに近づける為にはまずは胸の形、すなわち
おっぱいの種類を知る事が大切かと思います。
そこで今回は様々なおっぱいの種類を勉強していきたいと思います。

おっぱいの種類は主に6種類!

皿形型のバスト

saraバストのトップとアンダーの差がほとんどなく、平らな胸。俗にいう「ペチャパイ」と呼ばれる形のバストです!バストが下垂する可能性は低くなるので心配事も少ないですが、その反面、胸が小さいというコンプレックスを抱えている女性が非常に多いです。しかし、バストアップに成功し胸が大きくなった時の形は、バストアップをしている時の過程で決まってくる部分もあるので、しっかりとマッサージやブラジャーなどで形を整えながらバストアップを行っていくと綺麗で大きな胸を手に入れることが出来る形となります。

 
半球型のバスト

hankyuu胸の高さと胸の底辺がほとんど同じ長さのバストで地球儀を半分にわったような形。横から見た時にはおわん型に近いです。ふっくらと盛り上がって見えるので、実際の大きさよりも大きく見え、脱いだ時にも綺麗な形をしているので、男女ともに人気がある形です。しかし、綺麗な半球形を維持することは難しいのが正直なところで、日頃からちゃんとバストマッサージ等お手入れをする事が、半球形の綺麗なバストを手に入れる唯一の手段となっております。

 
おわん型の特徴

owanおわんをテーブルにふせたような形で横から見た形は半円に近く鎖骨と乳房間が少し空いていて、日本人女性に一番多いと言われています。バストトップの位置はやや低く、トップバストとアンダーバストの差も大きいので、マッサージや筋トレなどをしないと年齢と共に垂れてしまう可能性が非常に高いです。また、悪い姿勢で過ごしていたり、寝る時にバストの位置や形の確保が出来ていないと、若くても胸が垂れてしまう可能性もあるので、綺麗なバストを保つには日頃から気をつけなければならない形です。

 
円錐型の特徴

ensuiバストの直径よりバストトップから基底までの高さの方が長く、上にツンと突き出たようなバストで俗にいう「ロケットおっぱい」と呼ばれる形のバストです!日本人にはあまりない形のでおわん型と形は似ていてバランスの良い形ですが、日頃からトレーニングをしていないとバストが垂れてきてしまいます。年齢と共に張りをなくすとやぎ型になってしまいます。円錐型は欧米人に多くセクシーなイメージが強いので、半球形の次に人気のある胸の形です。

 
釣鐘型の特徴

piramiddo全体的にバストが釣り鐘の形をしていてバストの脂肪が乳首から下部が豊かで下の方からバストを支えている感じとなります。トップとアンダーの高低差も大きくなり最もセクシーで美しいといわれております。日本人ではあまり見かけない形となります。重量感もありボリュームたっぷりの申し分なくブラを取っても形がほとんど変わらないのが特徴です。ただし、下部の張りが失われると大きく垂れてしまう恐れがあります。

 
ヤギ型の特徴

yagiヤギ型は、胸がかなり大きい(Eカップ以上)の女性や授乳後の女性に多い胸の形で円錐型のおっぱいが垂れてきた形となります。バストにハリがなく完全に垂れてしまっている状態で、ワイヤー入りの下着を付けて胸を上げることで形を改善することは出来ますが、つんっと上を向いたバストを作ることは難しいことが多いです。ヤギのバストの様に乳房が斜めに垂れ下がりやや長めの形となります。何もしなければどんどんバストが下垂していってしまうので、ケアをしていくことが大切です。

まとめ

いかがでしたか。この中で最も「美乳」と呼ばれる理想のバストは
半球形と言われています。

中には円すい型や釣鐘型も好きな男性もいるとは思いますが、
この二つの形は加齢とともに形が崩れやすく、
重さで垂れやすいなどのデメリットもあるのです!

そこで美乳の理想のバストを作るにはこちら!

 

⇒バストアップ法で美乳作りはこちら

 

様々な分野のプロの方が提案するバストアップ法ですので
美乳作りに興味があるようでしたら一度アクセスしてみてはいかがでしょうか!

おっぱいの構造!バストの形を維持しやすいタイプとは?

sayuutigau

おっぱいとは

胸の約9割が脂肪で出来ています!そして動物的には
母乳を上げるという事になるのです。

初潮が始まると女性ホルモンのエストロゲンの分泌量が増え
乳腺が発達して授乳できる体へ成長していき胸 が大きくなっていくのですが

よく思春期頃から胸がふっくらと膨らみ始め
胸が張って痛くなったりするのはこの為なのですよね!

そしてこの乳腺を守るために女性のおっぱいは
皮下脂肪がつきやすく脂肪を蓄えやすい様になっているのです。

おっぱいの構造

おっぱいは乳腺と脂肪組織、線維の束で成り立つクーパー靭帯、そして
それらを大胸筋が支えています。

乳房に占める乳腺の割合には、個人差がありますが、乳腺が多く、
大胸筋との間に脂肪が少ない人が、バストの形を維持しやすいといえます。

また、乳腺を支えているクーパー靭帯が伸びきってしまうと
胸が垂れてきますが、このクーパー靭帯は一度伸びると
元に戻らないので注意してくださいね!

締め付けは注意

現代の女性は、呼吸が浅く胸の筋力が弱くなりつつあります。
そしてブラジャー等の下着で締めつけられるので
胸がリンパ液や血液の流れが滞りやすくなっており

老廃物や二酸化炭素の排出できなくなりますと
疲労物質が蓄積され、おっぱいが冷えて硬くなってしまうのです!

直接胸以外の肩こりや冷えで背中や腕の筋肉が固くなり、
弾力を失い縮んでしまうと、おっぱいにも影響が出てしまうのです!

また、リンパと血液の流れが悪くなる事でおっぱいの細胞組織は衰え、
乳腺炎や癌などを引き起こす可能性があるので、常日頃から
やわらかく温かいおっぱいでいられるように心がけて下さいね!