張りのある胸を作る方法!栄養バランスを考えた食事とエクササイズマッサージ!

cooper

張りのあるバストを作るためには、内側からの対策と
外側からの対策が必要になるのですが

エストロゲンという女性ホルモンの分泌はかかせません!
このホルモンによって肌のハリやうるおいを保つ手助けをしてくれているのです!

しかし女性ホルモンのエストロゲンは20代の女性であれば、
しっかりと分泌されていますが、年を重ねるごとに
卵巣の働きが低下しますので、エストロゲンの分泌も低下してしまいます!

30代後半にもなってくると、顔も肌のたるみ、シワなどが
どんどん増えやすくなるのはこういった理由なのです!

バストも同様に肌のはりを保てなくなるので、たるんでしまい
しわっぽくなってしまうのです!

内側からの対策

このような対策には、女性ホルモンの分泌をしっかり確保することが重要で
栄養バランスを考えて、きちんと食事を摂ることが大切です。

女性ホルモンの働きをよくする食品

大豆、豆製品、ゴマ、玄米、肉、魚、チーズなどタンパク質を摂ると
女性ホルモンの働きを促すこととなります。

また、ビタミンE、カボチャ、ホウレンソウ、ニンニク、ニラ、ナッツ類
緑茶の摂取は女性ホルモンのバランスを調整してくれ

緑黄色野菜、ニンジン、カボチャ、ホウレンソウ、トマトは
バストにハリを与えてくれる食品として有効です!

外側からの対策

まずはハリのあるバストを保つエクササイズですね。
バストを支えているのは大胸筋。この大胸筋を鍛えることで、
垂れない、張りのある胸を保つ事が出来るのと

1日1~2回のバストマッサージを実践することで、
張りのある胸を保つのには有効となります!

マッサージをする際の注意事項ですが、あまり力を入れすぎないように、
優しく行う事が大切で、またマッサージをする際には
マッサージクリームを使うと肌にハリも出るのです!

バストアップマッサージを彼氏にしてもらう?間違えた方法は逆効果!

matigaeta-massa-ji

バストアップにはかかせないマッサージですが
実はマッサージの仕方次第ではバストアップはおろか
逆に胸が小さくなってしまう事があるのです!

バストマッサージの注意事項

バストアップのためのマッサージで重要なのは
乳腺への適度な刺激、散ってしまったはみ肉の寄せ、
滞ったリンパを流す事が重要になるのですが

乳腺への適度な刺激のマッサージに関しましては
寄せるはみ肉ない場合、リンパが停滞していないでも
必ず必要になります。

しかし、乳腺を必要以上に刺激しない事が
大変重要で注意して下さい!

どうして注意が必要なの?

乳腺は女性の体の中でも、大変デリケートな部分となっており
必要以上に刺激すれば、乳腺そのものが疲労してしまうのです。

乳腺を太くすることで、バスト脂肪が生まれ
バストアップできるのですが

マッサージの力が強すぎたり、長い時間をかけて刺激し過ぎたりしますと、
乳腺が元気をなくし、バストそのものの 張りがなくなってしまうのです。

バストアップと脂肪燃焼

胸の周辺に散った脂肪は、繰り返し寄せることで、
胸に定着はしてくれますが、これもやり過ぎてしまいますと

せっかく寄せた胸の脂肪が、ダイエットマッサージ
のように脂肪燃焼を起こしてしまうかもしれないのです。

おっぱいは脂肪です。脂肪は揉めば揉むほど小さくなっていきまので
その事を知らずにがんばって胸を揉みつづけますと、結果的に小さくなって
しまって今までの苦労が水の泡になってしまうのです。

まとめ

いかがでしたか。リンパマッサージやツボ押し、また胸筋ストレッチの
やり方に多少の間違いがあったりしたとしても、あまり大きなリスクはありませんが、

乳腺マッサージだけは、間違ったやり方、長時間だったり、
いい加減にやりますと、逆効果になってしまうのです!

特に彼氏にやってもらう時には十分注意して下さいね!