キャベツはバストアップに効果的?食べる量は一玉分に相当?

kyabetu

生キャベツを食べてバストアップしたなんて話を聞いた事が
あるという方もいらっしゃるかと思いますが

実はキャベツには、女性ホルモン(エストロゲン)の分泌を促す作用を持つ
「ボロン」という成分が含まれています。このエストロゲンはが
乳腺に働きかけてバストアップを実現させてくれているのです!

ボロンってなに?

ボロンは人間の身体に必要なミネラル成分の一つなのですが
元々は骨粗鬆症を予防するサプリメントに多く用いられており
丈夫な骨の形成に役立つといわれております。

また、ボロンは熱に非常に弱く、食べ物から摂取する際には、
炒めたり煮込んだりせず、生のまま食べることが必要です。

また空気中で酸化する性質があるので、
新鮮なものを食べるのがよしと言われています。

どれくらいキャベツを食べればいいの?

ボロンの食事参考摂取量は「一日400μg」と言われており
これは,キャベツ一玉分に相当するので、現実的ではないかもしれません。

また、何でもそうですが食べ過ぎは返って体に良くなく
キャベツも例外ではございません。

まとめ

いかがでしたか。キャベツで胸が大きくなると言われている理由は
ボロンが含まれているからであり、そのボロンをバストアップの為に
摂取するには1玉食べなければならないんです!

正直、キャベツをたくさん食べただけで胸を大きくするのは、
なかなか難しそうですよね!

女性ホルモン(エストロゲン)の分泌を促す食べ物を
積極的に摂るのは大変良いのですが

バストアップの為だからといって単一食品を過剰摂取はせずに、
栄養バランスの良い食事を摂るように、心がけましょう。