離れ乳を改善するには?原因をつきとめ適切な治し方をGET!

sonota

年齢を問わず、常に女性を悩ませるバストですが
その中でも多いのは離れ胸。

平均的なサイズはあるのになぜか谷間ができない、
横広がりになるせいで太っているかのように見えてしまうなど

そこで今回はこの離れ乳を勉強していきたいと思います。

離れ胸の原因

生まれつき離れ胸という方も多いものですが様々な原因により、
左右の乳が離れていってしまうケースもあるのです!

加齢によるもの

離れ乳の代表的な原因ですが胸の上部(デコルテ)が削げ、
垂れてきて外側に流れるといった事がおこります。

このようなバストのエイジングは、早い人では20代に始まります。
バストエイジングを少しでも遅らせるためには、
食生活や睡眠時間を見直し、ホルモンバランスを整えることが重要になります。

大胸筋と小胸筋が衰えている

胸の真下にあり、乳房全体を支えている「大胸筋」と、
その下の胸を釣り上げ、左右の胸を中央に寄せる「小胸筋」があるのですが
この2つが衰えていれば、年齢に関係なくバストは下垂し離れていきます。
猫背やPCの長時間使用、車の運転などが原因にあげられます

クーパー靭帯が伸びてしまっている

上向きでハリのあるバストを支えているクーパー靭帯(じんたい)は
コラーゲン繊維の束で、衝撃が加わると伸びてしまう性質があります。

胸を揺らしてしまう運動や、強すぎるバストマッサージなどは、
クーパー靭帯の伸びや切れの一大要因。クーパー靭帯は一度伸びたら戻らないため、
バストは重力に逆らえず下垂し離れていってしまいます。

サイズの合わないブラジャー

サイズが合わないブラジャーも離れ乳の原因になります。
選ぶ際にはサイズ表示だけでなく、カップ数など
自分に合ったものを選ぶ事が大切です。

また、サイズが合っていても正しく付けないとバストを
サポートする効果が半減してしまいます。

まとめ

いかがでしたか。離れ乳には色々と原因があるんですよね!
また、授乳やダイエットにより胸の大きさの変動が大きい方も
離れ乳になる事があります!

このような場合には今話題のバストアップ法が大変有効ですので
一度サイトにアクセスして参考にしてみると良いかもしれませんね!

乳輪が大きい理由!意外な生活習慣が原因である場合も!

nyuurin

胸に関する悩みの中に形や大きさだけでなく乳輪の大きさに関しての
悩みも多数あるかと思いますが、今回は乳輪に関して勉強していきたいと思います。

乳輪が大きくなる理由

そもそも乳輪が大きくなる理由は遺伝的要素や
妊娠、出産、授乳等様々な理由が上げられます。

遺伝的要素

両親や祖父母などに乳輪の大きな人がいる場合は
乳輪が大きくても不思議ではありません。

また、バストが大きい方だけが乳輪が大きいわけではありませんが
胸が大きい方は乳輪も大きい傾向にあり、胸の膨らみとともに
乳輪も引っ張られ伸びてしまいます。

妊娠、出産、授乳的要素

女性は妊娠中はかなりの大きさに広がる事もあり心配になってしまう方も
多いのですが、大半の人は授乳を終えてだいたい1年位で元の大きさに戻ります。

ただし、妊娠前より大きくなったり、元に戻らないといた感じで
個人差はどうしても出てきてしまいます。

ホルモンバランスの乱れ

実はホルモンバランスの乱れによっても乳輪が大きくなってしまうケースも
あるのですが、ホルモンバランスを崩す原因に自律神経の乱れが上げられます。

乳輪の大きさを解決する方法

いろいろな原因はわかったとして、その乳輪の大きさを解決する方法ですが
具体的に対応できるのはホルモンバランスの乱れによる乳輪が大きくなってしまう
パターンのみです。

自律神経の乱れを直す事が重要になりますが、睡眠時間がすくなかったり
長時間労働やストレスのある生活をしている場合は自律神経が乱れていますので

お風呂にゆっくりはいったり、睡眠時間の確保やストレスからの回避、また
食生活の改善でホルモンバランスを整える様にして下さいね!

乳輪の色

乳輪の大きさと同じように乳輪の色も気になりますよね!
妊娠、授乳期の際には黒っぽく変化しますが、これは赤ちゃんが
おっぱいを見つけやすいように乳首や乳輪の色が濃くなるのです!

また、メラニン色素の沈着によっても乳輪の色が違ってきます。
肌の弱い方は、下着の摩擦によっても色素沈着してしまう事もあるのです。

まとめ

いかがでしたか。乳輪を小さくするのには原因によっては難しいのです。
また、自律神経の乱れはバストアップにも影響がでてしまいますので
気を付けたいところですよね!

授乳後のバストケアに興味があるようでしたら
一度サイトにアクセスしてみるといいかもしれませんね!

胸が流れる原因?防ぐ為にはずばり女性ホルモンの分泌を促す事!

munenegareru

女性の胸は常日頃から重力の影響を受けており、垂れ下がるリスクはもちろんですが
胸が横に流れてしまうリスクも抱えております!

そして、特に仰向け寝ている間は胸の肉が、横に流れやすくなってしまい、
せっかくのキレイな胸が離れてしまう原因になってしまうのです!

どうして胸が流れるの?

胸の流れやすい流れにくいは実は乳腺が関係しており
乳腺を発達させることで胸に弾力が出来、胸が流れにくくなるのです!

そしてこの乳腺は民俗によって発達具合が違い
欧米人はこの乳腺が比較的多いので胸に弾力があり流れにくいのですが

日本人の胸は乳腺が少ないので仰向けに寝ると
胸が流れてしまうのです!

胸の流れるのを防ぐには

胸の流れるのを防ぐにはずばり女性ホルモンの分泌を
促す事が重要になります!

乳腺は脂肪組織が9割、乳腺組織が1割で形成されており
15〜25個の乳腺葉という固まりなのですが

この乳腺葉を発達させるには女性ホルモンの
分泌を促すのが効果的なのです!

まとめ

いかがでしたか。よるブラジャーしたりする方法もありますが
まずは体の内側から変えていく事が大切なのです!

また同時に、栄養のとれた食事や規則的な生活にストレスからの解放など
女性ホルモンの分泌に影響が出てしまう事は極力避ける事が重要なのです!

そして、これらの要素のつまったバストアップ法が今大変話題を集めております!
バストアップに興味がありましたら一度サイトにアクセスしてくださいね!

胸が垂れる原因は?日本人が予防する為の鍛えるべき場所とは?

munetareru

日本人女性の胸は欧米の女性に比べて胸が垂れやすくなっております。
欧米の女性は上にツンツン突き出ているような円錐型の胸に比べ
日本人女性はおわん型の胸が多いといわれております。

日本人女性が胸が垂れやすい原因

そもそも胸はどうしてふくらんでるかというと、脂肪と乳腺の影響なのですが、
それに胸を上に引き上げようとしてくれるクーパー靭帯が影響しているのです!

乳腺っていうのは、乳首の周りにグリグリした固いあれのこと、そして
欧米人の胸はその乳腺が多い「乳腺質」タイプなんです。

乳腺が発達していることで胸全体に弾力とハリがでるのです。
しかし日本人の胸は「脂肪質」で脂肪が多くを占めてるんです!

脂肪の割合が多いので、やわらかくフカフカなのですが
弾力はないので、その分垂れやすいのです!

乳腺を発達させるには?

大胸筋を鍛える

日本人の場合は脂肪でできてる胸を支えてる土台になってる
大胸筋を鍛えるのが大変有効で、大胸筋が衰えてくると

胸垂れてくるし左右に広がってもくるから
しっかり鍛えておきたいところです!

女性ホルモンの分泌

女性ホルモンが実は乳腺を発達させるので
女性ホルモンを促すツボやマッサージをしたりするのが大切です!

年齢による変化

ちなみに乳腺組織と脂肪組織は年齢によっても変化して20代では
乳腺組織の方が多く30から40代では差がすくなくなります!

そして閉経後は脂肪組織の方が多くなり胸の少ない方でも
加齢によって垂れてくるのはこういった理由からなのです!

まとめ

いかがでしたか。胸を垂れさせないためには大胸筋を鍛えるのと
乳腺を発達させること。その乳腺を発達させるにはには
女性ホルモンを意識することが大切です。

そこで今話題のバストアップ法はこれらの要素を含めたトレーニングですので、
気になる方は一度参考にしてみるといいかもしれませんね!