タバコとバストアップ!ニコチンが女性ホルモンの分泌量を減らします!

tobacco

タバコが体に悪影響を与えるのを知らない人は少ないかと思いますが、
わかっちゃいるけど、辞めれない!そんなタバコとバストアップに関して
今回は勉強していきたいと思います!

タバコがもたらすバストへ影響

タバコは百害あって一利なしとはいうものの
バストアップへはあまり関係ないんじゃないか?

などと密かに期待している方もいるかもしれませんが
はっきりいってバストアップにも悪影響です!

バストアップへの悪影響の理由

タバコにはニコチンという超有名な物質が含まれているのですが
これがバストアップに大変重要なエストロゲンという
女性ホルモンの分泌量を減らします!

このエストロゲンとは美肌ホルモンと言われるくらい肌や髪の毛を美しく保ち
丸みのある女性らしいバストやヒップを作るのに大変重要なホルモンです。

なぜタバコがエストロゲンの分泌を減らすの?

タバコに含まれる一酸化炭素は酸欠、ニコチンは血流を減少させるので
エストロゲンが作られる卵巣の働きを悪くします。

また、タバコに含まれる成分のせいで肝臓による分解を早め
エストロゲンの効果が薄くなるのです!

さらにニコチンにはカルシウムを吸収しにくくする性質もあるので
女性ホルモンに関わっている細胞にも大変影響がでてしまい
分泌量が減ってしまうのです。

ビタミンCも消費する

タバコは女性ホルモンのエストロゲンの働きを高める
ビタミンCをも破壊します!そのため肌や張りの健康が
損なわれてしまうのです!

タールの悪影響

煙草のタールには発がん性物質があります。
この発がん性物質の影響で乳がんを引き起こす可能性が高まりますが

バストアップには成功したけど乳がんになってしまったなんて事は
シャレになりませんので煙草はやめることをおすすめします。

あとはあなたが禁煙に成功しても、周りに煙草を吸っている人がいれば、受動喫煙であなたの体内に煙が入り込んでしまいます。

まとめ

いかがでしたか。バストアップの為には食事をはじめとする
睡眠、運動などといった内的要素が重要になってきますが

タバコを吸う事によりこれらの効果が半減しますので
バストアップほ本気で考えているのなら辞める様にして下さいね!

そして、辞める事ができたならきっと美意識が大変高いので
必ずバストアップにも成功するかと思います!

バストアップと女性ホルモン!エストロゲンの働きが女性らしい体つきを促進!

daizu

胸はもちろんですが女性の体は女性ホルモンによって保たれています。
今回は女性ホルモンの仕組みと働きを勉強していきたいと思います。

女性ホルモンは、「エストロゲン」と「プロゲステロン」の2種類のホルモンが
交互に作用して女性の体を保っています。

エストロゲンの効果

女性ホルモンの一つで卵胞ホルモンとも呼ばれ、主に子宮の発育、
子宮内膜の増殖、乳腺の発達などの女性らしい体つきを促進するホルモン!

月経と妊娠は実はエストロゲンが出ていることによって起こるのです!
そして肌の潤いやハリを保ち髪の毛をつやつやにし、
豊かな乳房を作るなどの作用があります。

また、エストロゲンは体を女性らしくするだけではなく、
血管や骨も強くし脳や自律神経の働きの促進、
気持ちをリラックスさせるさせるなど
健康維持にも効果を発揮します。

プロゲステロンの効果

プロゲステロンは、排卵直後から卵巣でつくられる
女性ホルモンのひとつで黄体ホルモンとも呼ばれています。

妊娠しやすいよう子宮内の環境を整え妊娠を継続させ、子宮の収縮を抑えて
流産を防ぐ働きをしてくれるのです。そしてプロゲステロンも、
バストの乳腺を発達させるという重要な役割をもっているのです!

女性ホルモンはどこで作られる?

女性ホルモンは、脳の刺激で、性腺刺激ホルモンが分泌されて
卵巣が女性ホルモンを作ろうと働き始めます。

ある程度体が成長して、子どもを産める体に成熟してきたと脳が判断したら、
卵巣からエストロゲンが分泌されて、妊娠できる体へ準備をはじめるのです!

そして、排卵(生理)が始ります。また、卵子が成長すると、
受精後の準備に備えてプロゲステロンが卵巣から分泌されます。

まとめ

いかがでしたか。女性ホルモンの量を増やす為には卵巣の働きを
良くする事が重要になるのです!

また、年齢とともに卵巣も老化する為、女性ホルモンもうまくつくられなくなり、
女らしい体つきを保てなくなります。

しかし、今話題のバストアップ法を学べば年齢とともに
崩れたバストも復活するんですよね!

気になる方は一度参考にしてみて下さいね!